返済方法について

カードローンの返済方式として、リボルビング払いを取り入れているところが多いです。リボルビング払いとは毎月、前もって決めた一定の額を返済する方式です。このリボルビング払いの中でも、特に残高スライド元利定額リボルビング方式と呼ばれる返済方式が主流となっています。これは借入残高に応じて、最低返済額が変動するというものです。限度額内であれば繰り返し借りたり返したりができるカードローンにとっては最適の方式となっています。

カードローンの返済方法は基本的に、約定日と言われる毎月の指定日に、決められた額を返済をしていく約定返済という方法が採られています。約定日は金融機関で決められる場合もありますし、利用者が任意で決める場合もあります。約定日は必ず守りましょう。もし守れず3ヶ月滞納した場合、個人信用情報に記載され、信用を落とすことにつながります。また遅延損害金という延滞利息がかかってしまうので、注意が必要です。さらに延滞中はお金を引き出すことができなくなるので注意が必要です。

約定返済とは別に随時返済があります。随時返済は繰り上げ返済とも言われ、お金に余裕があるときにいつでも返済することができ、その返済額を元金にあてるものです。これらを組み合わせることによって返済していくのが完済のコツです。

申し込みと審査

カードローンで借りた資金の使い道は自由で、限度額内であれば繰り返し借りることができます。そのたびに審査を受ける必要もありません。原則として仕事をしていて毎月安定した収入があり、指定された保証会社の保証を受けることができる人なら大抵は申し込み可能となっています。

参考HP「アルバイトでも一定の収入があれば借り入れができるカードローン NOLOAN

しかし、申し込めば誰でも融資してもらえるかというと、そういうわけではないのです。審査に通って初めて利用可能となります。審査では年齢や年収などがチェックされ、通すか通さないかを決定します。あまりにもローンの残高が多い場合や返済が滞っている場合、複数のローンを組んでいる場合などは審査に通ることは難しくなります。

また、一度にたくさん申し込もうと思っても審査が通らない仕組みになっています。それは、申込者に融資をするかどうかの審査をする時に、必ず個人信用情報の問い合わせを行うからです。個人信用情報には、ローンの申し込みがあったことや、どのくらいのお金を借りているか、借りている場合しっかり返すことができているのかどうかなどの情報が記載されています。それにより一度にたくさんの申し込みをした場合、その事実がわかってしまうのです。問い合わせる理由は、貸金業者は年収の三分の一以上を貸し付けることができないという総量規制があるためです。

カードローンあれこれ

いざカードローンを利用したいと思うのなら、当然まずは申し込みをする事になります。そして審査に通って初めてカードローンが利用できるものです。ここが最初の大きなポイントになるのは間違いありません。と言うのも、申し込みは誰でもできるものの、審査に通るかどうかは人それぞれだからです。毎月安定した収入があるかどうか、そしてローン残高やほかの会社も含めて返済が滞っていないかどうかもチェックされます。また、多数の会社に申し込みをしたいと思って審査が通らない仕組みになっている事も頭に入れておかないといけません。どの会社も必ず個人信用情報の問い合わせを行うからです。

そしてカードローンを利用できたのなら、返済についても考えていかないといけません。利用者が任意で決める事ができる場合もあるものの、基本的に金融機関が毎月の返済日を決める事になります。もしも滞納してしまうと、延滞利息がかかってしまうとともに、信用を落とす事に繋がります。そしてカードローンを利用したいと思っても、利用できなくなってしまう事にもなる為、カードローンを利用するのなら、まずは返済についての計画を立てた上で利用すべきと言えます。

当サイトではカードローンの申し込みや審査あるいは返済方法についての解説をします。特にカードローンを利用した事がないという方は、まずはしっかり頭に入れるべきで、その上でしっかりカードローンを利用するようにしましょう。