返済方法について

カードローンの返済方式として、リボルビング払いを取り入れているところが多いです。リボルビング払いとは毎月、前もって決めた一定の額を返済する方式です。このリボルビング払いの中でも、特に残高スライド元利定額リボルビング方式と呼ばれる返済方式が主流となっています。これは借入残高に応じて、最低返済額が変動するというものです。限度額内であれば繰り返し借りたり返したりができるカードローンにとっては最適の方式となっています。

カードローンの返済方法は基本的に、約定日と言われる毎月の指定日に、決められた額を返済をしていく約定返済という方法が採られています。約定日は金融機関で決められる場合もありますし、利用者が任意で決める場合もあります。約定日は必ず守りましょう。もし守れず3ヶ月滞納した場合、個人信用情報に記載され、信用を落とすことにつながります。また遅延損害金という延滞利息がかかってしまうので、注意が必要です。さらに延滞中はお金を引き出すことができなくなるので注意が必要です。

約定返済とは別に随時返済があります。随時返済は繰り上げ返済とも言われ、お金に余裕があるときにいつでも返済することができ、その返済額を元金にあてるものです。これらを組み合わせることによって返済していくのが完済のコツです。